#弥富#桑名# 楓プログラミングスタジオ たっきーBlog

JEUGIAカルチャーセンター桑名からスタートした「はじめてのプログラミング教室」は、『楓プログラミングスタジオ』に生まれ変わりました。小学生と中学生の子どもがメインですが大人初心者も大歓迎。教室でのワークの様子やプログラミングに関する記事を掲載します。弥富教室の体験と講座のお申込みは、https://kaede-pgstudio.net/contact/ まで。桑名教室は、JEUGIAカルチャーセンター桑名(Tel:0594-27-7211)まで。

「時計作り」プログラムのポイントを紹介します

2/18の課題に登場した「時計作り」プログラムのポイントを一つ紹介します。

時計は、自分で描いた時計の盤(ばん)と秒針を組み合わせて作ります。

下記は、時計の盤ですね ↓

f:id:takaaki-niikawa:20170219010928j:plain

 

時計の盤のスプライトの真ん中に秒針のスプライトを上手く重ねても、秒針が思ったように回転してくれません。

なぜでしょうか? それは秒針の先がスプライトの中央になっていないから回転させると思ってもいないところに行ってしまうわけです。

そんなときは、スプライトを描くときに、コスチュームの中心を設定しましょう。下記のボタンを使って、中心を設定することができます ↓

時計の盤も中心を設定しておきます。あとは盤と秒針をX座標、Y座標で位置決めしたら完璧。

一度試してみてください。針は上手く回転したかな?

 

f:id:takaaki-niikawa:20170219013644j:plain