#桑名# はじめてのプログラミング教室

三重県桑名市在住のITエンジニア、たかあきです。はじめてのプログラミング教室を始めましたー。小学生と中学生の子どもがメインですが大人初心者も大歓迎。教室でのワークの様子やプログラミングに関する記事を掲載します。体験と講座のお申込みは、JEUGIAカルチャーセンター桑名(Tel:0594-27-7211)までお願いします。教室についてのご質問は、ブログにコメントいただければ返信します!

桑名はじめてのプログラミング教室 中学生増えてます~

こんばんわ、桑名はじめてのプログラミング教室のたかあきです。
6/17教室では、中1の男の子が体験に来てくれました。中学生増えてます。
体験ではPCを持って来てくれたので、スクラッチのインストールから始り、歩くねこ、考えよう1のマウスがふれたら「にゃー」と言ってストップ、バレリーナ、簡単なアニメを作ってくれました。

f:id:takaaki-niikawa:20161203220805j:plain

 

続いて、今回が2回目だったshiちゃん。自分で描いた絵を動かそうに挑戦。さすがイラストレーターの卵! あっという間に可愛いキャラクターを描いて、プログラミングで動かしてくれました。その絵をキャプチャしていなかったのが残念だ!

 

小3のyu君は、がんばりました☆

乱数を使った、スプライトの競争ができました。先生から乱数はなに?の質問に「さいころー」とちゃんと理解できたね。これで変数と乱数のワザを覚えた。次は何に挑戦かな??

 

f:id:takaaki-niikawa:20161203220939j:plain

 

答えがない問いに対して、真剣に考え答えを導き出す姿は、とっても誇らしいです。

 

 

今日からパイソンに挑戦!、コマンド入力でプログラミングだー

おはようございます、桑名はじめてのプログラミング教室のたかあきです。
6/17教室のワーク様子をご紹介します。
今回からsyu君、コマンド入力を使ったプログラミング パイソンに挑戦しました。

パイソン(python)は、GoogleYoutubeなど企業のビジネスでも使われる本格的なプログラミング言語です。
先ずパイソンの開発ツールのインストールを行いました。

f:id:takaaki-niikawa:20170619063548p:plain


コマンド入力は、難しくないかな。下記はIDLEというシェルウィンドウです。

f:id:takaaki-niikawa:20170619063604p:plain

今日は、以前スクラッチでも作った電卓プログラミングに挑戦。スクラッチの場合、下記の様なプログラムでした。

f:id:takaaki-niikawa:20170619225005p:plain

じゃあ、これをパイソンで作るとどうなる!?

# 簡単な足し算

from time import sleep

while True:

    print('足される数を入力してください')

    x = int(input(''))

    print('足す数を入力してください')

    y = int(input(''))

    print('xとyの合計は、',x+y,'です')

    sleep(3)

実はスクラッチと似ている部分が多いんです!!

・ずっとくり返す ⇒ while True

・print ⇒ [ハロー!]と言う

・input() ⇒ [あなたの名前は?]と聞いて待つ

・sleep(3) ⇒ 3秒待つ

 syu君、スクラッチで作った電卓プログラムがよみがえり、パイソンで再現してくれましたー。

プログラムの中身が分かるみたい、と楽しんでくれたことに、先生も嬉しかったです。

 

それでは、またプログラミングドリル作りがんばりまーす。

 

プログラミング教室のスローガン 自ら出たひらめきしか身に付かない

今週通勤中に考えたプログラミング教室が目指す、スローガンです!

プログラミングは楽しんで学ぶものですが、遊びではありません。どうやったら熱中するかな。学びがあるかな。先生も真剣です。


f:id:takaaki-niikawa:20170617024141j:image

スクラッチで、迷路ゲームを作ろう!

こんばんわ、桑名はじめてのプログラミング教室のたかあきです。
本日は、スクラッチの迷路ゲーム作り方をご紹介します。

先ずウェブブラウザからgoogleで検索します。キーワードは、とりあえず「迷路」!

次に検索結果の上の画像タブをクリックします。

f:id:takaaki-niikawa:20170616232209p:plain

 

検索でヒットした画像から、スクラッチで使えそうな迷路画像を選びます。

あまり細かくない絵の方が良いと思います。

先生はこれにしてみました。

f:id:takaaki-niikawa:20170616232351j:plain

続いて、画像を加工します。

ダウンロードした画像は、背景が白色です。これを加工して透明にしまーす。

先生は、下記のWebベースのツールを利用しました。無償で使えます。

www.peko-step.com

画像をドラッグ&ドロップすれば一発で加工できます。便利です。

f:id:takaaki-niikawa:20170616232852p:plain

 

ここで、ようやくスクラッチに迷路画像を入れてみます。

背景ではなく新しいスプライトを選択して、画像を追加します。

f:id:takaaki-niikawa:20170616233150p:plain

 

コスチュームを選び、画像を加工します。

上記でご紹介したWebベースのツールでも完全に背景を透明にはできません。

そのため、スクラッチで範囲を選択して消去します。消去した部分が透明になります。

こんな感じになりましたー 

(ちなみにこのままじゃゴール辿りつかないので、ちょっと手を加えて下さい…)

f:id:takaaki-niikawa:20170616233447p:plain

 

迷路ゲームは、サッカーボールをマウスで操作してゴールに向かいます。

迷路の線に触れると負けでーす。ゴールのベルまで行けば勝ちでーす。ポイントは迷路に触れた場合背景を切り替えるためにメッセージ1を送って待ち、その後すべてを止めます。ベルに触れた場合音を鳴らして2秒待ってからすべてを止めます。

 

f:id:takaaki-niikawa:20170617001139p:plain

そして背景は白と灰色の2パターンあり、負けると背景が変わります。

f:id:takaaki-niikawa:20170616235828p:plain

実際にやってみると…ムズイです!!

ちゃんとゴールにたどりつくように迷路のコースは修正する必要アリ!!

f:id:takaaki-niikawa:20170616235946p:plain

 

先生負けちゃいました。

負けると下記のような背景に変わりまーす。迷路は工夫次第でいろんなルールで作ることできそうです。

f:id:takaaki-niikawa:20170617000032p:plain

 

みんなも迷路ゲームに挑戦してみよー。

次にプログラミング教室で特別テーマするときは、迷路にしようかな??

楽しみにしていてください!

 

プログラミングでマリオ風アクションゲーム(横スクロール)に挑戦!

おはようございます。JEUGIAカルチャーセンター桑名でプログラミング教室先生しています、たかあきです。
(最近は、資格試験の勉強でブログ更新が遅れています…)

6/3に開催したプログラミング教室 第14回目のレポートです。
今回は、中1新メンバー shiちゃん加わりました。どうぞよろしくお願いします。
先生、初めてMacにスクラッチインストールしましたが、上手くできました!! (ほっ…よかった)

ちなみにスクラッチインストールのコツを下記にまとめました。これからはじめる人は必見です。

takaaki.hatenablog.jp

先ず、今回syu君、syun君には、アクションゲームの横スクロールに挑戦しました。
マリオ風のゲームです。ねこが向かってくる障害物(例:ネズミ)をジャンプで避けるゲームです。

f:id:takaaki-niikawa:20170605061844p:plain

 

ポイントはねこはその場で足ふみだけさせて、上矢印キーを押したタイミングでジャンプさせることです。上向き矢印キーが押されたときにY座標を増やし、1.5秒後に戻しています。

f:id:takaaki-niikawa:20170605062323p:plain

 

障害物と風景(例:木)が流れてくるため、ねこが歩いているように見えます。

風景は、下記のようにプログラム組んでいます。ただ、X座標をマイナスにしているだけ。ずっとでくり返しています。

 

f:id:takaaki-niikawa:20170605062153p:plain

 

障害物(例:ネズミ)が上手く避けられなかった場合は、下記の判定で負けになります。前述の「Game Over!」の背景に変わりまーす。

f:id:takaaki-niikawa:20170605062422p:plain

みなさんも挑戦してみてください。

 

yu君は、シルエットクイズに挑戦してくれました。

上手に作り、みんなをクイズで楽しませてくれました。無事に完成してウレシー。やっぱり、出来た作品を披露するのはハッピーですね。

楽しみながら学ぶのは、とても素敵なことです。yu君、もっと出来る事を増やしていこう!!

 

shiちゃんは4月の体験に引き続きで、2回目のスクラッチでした。2回目だけど進みが早い! さすが中1です。

今回shiちゃんは、ねこがはしからはしまでのプログラミングに挑戦。

登竜門!? ねこを角度を制御して目的に向かわせるのは、意外とむずかしいです。

理解が早く、次のねこをバナナに向かわせる演習はあっという間でした。自分の力でヒラメキを見つけるかが大事だね!

 

f:id:takaaki-niikawa:20161203220820j:plain

 

家で時間がある時は、スマフォゲームで遊ぶんじゃなく、スクラッチでゲーム作りに夢中になろう。だれもがプログラマーです。

 

それでは、またプログラミングでゲーム作りをレポート予定です。

 

 

 

これが、スクラッチインストールのコツ!!

本日は、スクラッチインストールのコツをご紹介します。
桑名プログラミング教室では、ビジュアルプログラミングのスクラッチを使っています。
教室ではインターネット接続環境ありませんので、スクラッチ オフライン版を使用しています。

①スクラッチ オフライン版のダウンロード
下記のURLからスクラッチのオフライン版をダウンロードします。下図の枠で囲んだ2番のScratch Offline EditorからパソコンのOSにあわせたファイルを選んでください。

scratch.mit.edu

以下、ダウンロードの画面です。

f:id:takaaki-niikawa:20170605060402p:plain

②スクラッチ オフライン版のインストー

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして実行します。バージョンによって、ファイル名が変わります。環境設定にショートカットアイコンをデスクトップに追加が選ばれた状態で、続行ボタンを押してください。

f:id:takaaki-niikawa:20170605060512p:plain

f:id:takaaki-niikawa:20170605060519p:plain

 

■コツその1

もしPCにAdobe AIRがインストールされておらず、かつインターネットに接続されていない環境の場合、下記のように表示されます。

☆ちなみに、Macの場合少しメッセージ異なりますが基本同じです。

f:id:takaaki-niikawa:20170605060554p:plain

先生からAdobe AIRのインストールファイルをもらっている場合、先にAdobe AIRインストールします。下記のインストーラーをダブルクリックします。

f:id:takaaki-niikawa:20170605060648p:plain

下記の画面が表示されたら「同意する」をクリックします。

f:id:takaaki-niikawa:20170605060706p:plain

 

■コツその2

☆今回、Macでのインストールは、その1でご紹介したAdobe AIRを準備し忘れたので…、その2で実施しています↓

☆教室ではインターネット接続環境ありませんが、先生スマフォのWifiデザリングを有効にして、インストールしています。

 

もしPCにAdobe AIRがインストールされておらず、インターネットには接続されている環境の場合、スクラッチインストーラーが立ち上がり、下記のように表示されます。環境設定にショートカットアイコンをデスクトップに追加を選択して、続行ボタンを押してください。

f:id:takaaki-niikawa:20170605060917p:plain

 

③スクラッチを起動してみよう

インストールが終わったら、後は起動するだけ!

インストール時の環境設定で、“インストール後にアプリケーションを起動”を選んだ場合は自動的にスクラッチが起動します。2回目以降は、デスクトップのアイコンをダブルクリックして起動します。

f:id:takaaki-niikawa:20170605061119p:plain

 

④スクラッチの日本語設定

クラッチが起動したら、メニューの地球マークをクリックして“日本語”か“にほんご”を選びます。まだ漢字を習っていない場合は、“にほんご”を選んでください。

f:id:takaaki-niikawa:20170605061137p:plain

 

これで、OK!

あとは、楽しみながらプログラミングを勉強しよー。

 

プログラミング教室で、スクラッチカード使ってみました~

こんばんわ、JEUGIAカルチャーセンター桑名でプログラミング教室先生しています、たかあきです。
今日のお昼にクラッチカードの作り方をご紹介しました↓

takaaki.hatenablog.jp

本日の教室で、クラッチカードを使ったプログラミングを実践しましたのでレポートします!!

f:id:takaaki-niikawa:20170520133641j:plain

 

クラッチベテランのsyu君、syun君は「ピンポンゲーム」のカードに挑戦でした。

f:id:takaaki-niikawa:20170520215710j:plain


クラッチカードは、初心者向けカードだと日本語で制作されていますが、他は英語で制作されています。
syu君、syun君が挑戦したピンポンゲームも、もちろん英語です。1つか2つ迷ったくらいで、殆ど自分たちでプログラム組めました。
syun君のヒラメキで、「英語の説明なら、スクラッチも英語で作ればいいじゃん」なんと、言語を英語に切り替えて作りました。
発想の転換もすばらしいです☆

f:id:takaaki-niikawa:20170520215944j:plain


syu君は完璧なピンポンゲームができました。

syun君は早速アレンジを加えたピンポンコウモリ?ができましたー。

f:id:takaaki-niikawa:20170520215752j:plain

 

そして、小3のyu君は、クラッチカードの「キーで動かそう」と「マウスを追いかけよう」に挑戦です。

f:id:takaaki-niikawa:20170520215923j:plain


yu君は、工夫を加えてくれました。キーでねずみのスクラッチを動かす⇒ねこのスクラッチがねずみを追いかけてくる、という作品です。
来る度に上達していることを感じています。

 

f:id:takaaki-niikawa:20170520220042j:plain

 

生徒のみなさん、スクラッチカードを使ったプログラミングはどうだったかな?

プログラミングドリルだけでは飽きてしまうかな?と思って、色々と取り入れて楽しいプログラミング教室を考えていまーす。